紀伊路で育まれた果実の恵みを食卓に

紀伊路屋 合同会社

事業案内

  •  

    柑橘じゃばら果皮粉末  

    柑橘じゃばらの皮を細かな粉末に仕上げました。水にも良く溶けますので、蜂蜜などを加えさっぱりとお飲みいただいたり、料理の隠し味や、ケーキ作りになど、様々な用途にお使いただけます。またジッパー付きアルミ製袋が湿気を防ぎますので、適量でご使用ください。  

  •  

    紀伊路屋じゃばらの無添加ストレート果汁  

    じゃばら ストレート果汁は、希少果実「じゃばら」をまるごと贅沢に搾った無添加果汁です。
    クセになる酸味は、焼き魚にサラダにまた餃子のタレに、晩酌の焼酎割りにと、毎日の食卓に欠かせない一本です。  

  •  

    紀伊路屋じゃばらジャム  

    紀伊路屋じゃばら ジャムは、希少果実「じゃばら」の果肉のおいしさを、贅沢に使用したジャムです。
    すっきりとした酸味と程よい甘みは、毎朝のパンにまた、おやつのホットケーキにと、家族みんなでお召し上がりいただけます。  

古代ロマンの道 熊野古道「紀伊路」で農園業を営む「長谷農園」が、

品質の高いその果実を使い、安心で何より美味しい商品を食卓に

届けることを目的に、地名をブランド化し、その名を付けています。

じゃばら(TV等で話題の希少柑橘)

じゃばらはユズやカボス・橙などと同じ柑橘類で、

香りと酸味が強く果汁が豊富で、

独特の風味を持つ「大変希少な果実」です。

疲労回復に役立つビタミンや、カロチンが含まれ、

特に果皮にはナリルチン(フラボノイドの一種)が柑橘品種の中で、

群を抜いた含有量があるという研究結果から、

近年大変注目を集めている果実です。


 

代表者

長谷 光浩

紀伊路屋は、和歌山県有田郡の温暖な気候を活かした
おいしい旬の農産物を新鮮なまま加工し、
素材が持つ本来の味をそのままを楽しんでいただきたいと考え、
農産物作りから一貫した、妥協を許さないこだわりの物作り精神を
大切に商品をご提供しています。

それぞれの果実が持つ特性を活かし、柑橘じゃばら果皮粉末をはじめ
ジャム・果汁、ジュースなど製造工場での加工にも
様々な方法を採用しています。例えば、マーマレードやジャムなどは、
旬の素材の味を引き立てるために、余計な物は極力加えず、
また果汁やジュースは柑橘を外皮ごと搾らないで、
中身の美味しさだけを抽出する「インライン方式」を採用するなど、
その製法にもこだわりがあります。

農園づくりをしているからこそ出せる、
新鮮で安心のフルーツ製品の数々。
ぜひ一度ご賞味ください。

会社情報

会社名 紀伊路屋 合同会社  
所在地 6430055
和歌山県有田郡広川町井関大字611番地
TEL/FAX 0737-62-4925 / 0737-22-8890
メール nagatani@topaz.ocn.ne.jp  
ホームページURL https://www.kiijiya.com/  
設立 資本金 300万

2018年10月1日  
営業時間/定休日  
事業内容 (1) 果実等の農産物の⽣産
(2) 果実等の農産物の加⼯
(3) 果実等の農産物及び加⼯品の店頭販売並びに通信販売
(4) 果実等の農産物及び加⼯品の貯蔵並びに運搬業務
(5) 農業体験農園、賃貸農園及び飲⾷業の運営
(6) 果実等の農産物及び加⼯品の出荷に関する取次業務
(7) 所有する機械、施設の余剰稼働⼒を活⽤した事業
(8) 遊休農地を活⽤した太陽光、⾵⽔⼒等を利⽤する発電事業
(9) 観光みやげ物の販売
(10) 前各号に附帯関連する⼀切の事業  

沿革

~1985年
和歌山県有田郡広川町でみかん農家として3代目になる現在の長谷農園は、その昔はお米、養蚕を営んでいました。先代よりみかん栽培をはじめ共同撰果場出荷しています。
1990年
共同撰果場出荷より個人共販での市場出荷をおこなっております。
2004年
個人共販での市場出荷より有田エコ部会に入会し、プライベートブランドの生産を開始。(グリーンアイトップバリュ)
2005年
みかん栽培に加え、多品種、多品目の農作物を生産。
2010年
農産物を活かした商品を販売する紀伊路屋ブランドを始動。
大量生産、大量販売をするメーカーではありませんが、お客様お一人おひとりの手に届く商品を丁寧に、ていねいに作る、家族で運営する地元ブランドです。
2018年~
紀伊路屋 合同会社 設立

https://www.facebook.com/kiijiya/

お問い合わせ

* は必須項目です。必ずご入力の上、送信ボタンをクリックして下さい。